梶山工芸の技術の紹介

技術情報

電気炉の型式(構造)を紹介


電気炉には使用目的、作業空間でいくつかの型式があります。
上扉式、上扉スライド式、横扉式、台車式、炉底昇降炉、管状炉など

熱処理温度による分類



対象とする製品・材料により使用温度が異なります。
表面処理、焼結、溶融、乾燥、残留応力の除去、絵付、炭化など

雰囲気



炉内の雰囲気を変えることで違った性質、性能、発色を選るができます。
大気雰囲気(酸化)、窒素・炭素・アルゴン・プロパンなどのガスを使っての還元雰囲気、減圧する真空炉があります。     

発熱体



使用最高温度や生産形態で選定します。
発熱体は最高使用温度が高くなれば高価になります。また取り付け方法、許容表面負荷でも違ってきます。ニクロム線、カンタル線などの金属発熱体や炭化珪素発熱体、二硅化モリブデンなどがあります。   

断熱材



電気容量、昇温時間、炉内温度、価格などから選びます。
耐火レンガ、断熱レンガ、保温レンガ、セラミックファイバーから使用目的と最高使用温度により選定できます。        

温度制御



炉内の温度精度により選定します。
温度制御には昇温特性が必要なプログラム制御や一定温度のみを必要とする定値制御があります。また、電力の制御ではマグネット方式、SSR方式、サイリスター方式があります。